ショートのパーマ強さの印象の違い

ショートのパーマ強さの印象の違い

こんばんは、表参道のショート好きバッサリ桐山です。

今回はショートヘアのパーマスタイル!!ガールの強さによる印象の違い!!しっかりかかっていると強く見えたりすると思うのですが、パーマの強さは何も薬で強くかかっているからパーマのかかりが強くなるだけではありません。薬の強さだけで強弱を考えるのは危険で、大事なのは「回転数」

パーマをかけるときに髪に巻いていく「ロット」というのがありますが、これを毛先から何回転巻いていくかでパーマのデザインは変わってきます。何回も巻けば巻くほど髪の毛はウェーブがしっかり出て、強くパーマがかかっているように見えます。

左の方がパーマがしっかりかかっていますよね!!

たまたまでしたが、左のスタイルも右のスタイルも同じ薬剤、同じ時間でパーマをかけています。(普段おく時間はほぼ一定、髪質やコンディションによって使う薬剤は選んだいます)

もちろん長さもスタイルも多少は違うのですがパーマのかかり具合は左右で差がありますよね!!この違いが「回転数」なのです!!

今度は4スタイル。

上の2つが毛先1回転巻いたパーマ

下の2つが毛先1.5回転巻いたパーマです。

ちょっとした巻き込みの違いでこれだけパーマデザインに差が出てくるのがパーマの面白いところなんですよね^ ^まぁ、この辺のことは僕ら美容師が知っていればいいだけでお客様にお伝えするような内容ではなかったですが^^;デザインありきではございますが、パーマの強さは薬剤の強さだけではなく、回転数でも変わってくるので、しっかりパーマをかけたい方には薬剤を強くするのではなく回転数で微調整することで使う薬剤の強さを髪の毛に必要なパワー最小限でパーマをさせて頂いていますっていうことを伝えたくて^^;

最近少し暖かくなってきて、ショートから何か変えたいっていう方が結構パーマオーダーくださるのでショートのパーマスタイルの参考にしてみてくださいね^ ^