耳掛けショートの切り方と印象の違い

耳掛けショートの切り方と印象の違い

こんばんは、表参道のショート好きの桐山弘一です♪

あっという間に1月も終わりですね。早い!!冬は意外とショートの季節、タートルネックにマフラーに首回りにボリュームがあるファッションが多いですからね、スッキリショートはヘアも崩れにくいし、ファッションのボリュームにも負けないふんわり感でバランスがいいですよね♪

今回は耳掛けについて

耳掛けショートの切り方と印象の違い

最近流行ってる前下がりのハンサムショートスタイルです。スタイリングしてあるのでもみあげを耳にかけているから実際の顔周りの長さがわかりにくいのですが

 

こんな感じに前下がりにカットされています。

比べて見るとわかりやすいのですが

 

かけてるのとかけていないのとでは長さの印象も全然違いますよね!!

実際見た雰囲気を耳にかけた方の長さに合わせてカットするともみあげをスッキリ刈り上げたような感じのカットになってしまうので結構短いしスッキリです。カッコよさ&モード感を少し出すようなイメージにしたいのでしたらそのくらい短くいくのはオススメ!!

女性らしさ&柔らかさを出すならもみあげは残しながらカットする方がおススメです。僕が担当させていただいてるお客様は柔らかな雰囲気のスタイルの方が多いからもみあげは残している方がいいかなと!!耳にかけるかけないでスタイリングも2パターン楽しめるし!!

「耳掛けしたい」という方は、髪質にもよるのですが耳たぶくらいまでの長さがあればもみあげを耳にかけることは出来ますので、耳掛けするしない、サイドの髪がいるいらないもカットするときの参考にしていただければと思います^ ^

 

ご予約について