襟足の切り方による収まりとシルエットの違い

襟足の切り方による収まりとシルエットの違い

こんばんは、表参道のショート好きの桐山弘一です♪

最近は襟足襟足ってショートヘアの襟足についてブログ書いていることが多い桐山ですが^^;今回も襟足ブログお付き合いくださいね♪

「丸い襟足」と「くびれた襟足」

ショートヘアはシルエットが大事ということでバックシルエットだったりサイドシルエットにもこだわってショートヘアをご提案させていただいてますが、今回は襟足の切り方による印象の違いについて。

日本人はもともと骨格にコンプレックスを持っている方が多いので(僕自身もその一人)、「絶壁」「ハチ張り」こんな悩みをお持ちの方は特に後頭部が潰れやすくサイドシルエットがぺたんとなりがちです。そんな悩みを解消するのにカットで後頭部にボリュームが出るようにしていくのですが、そのカット方法と同じくらい襟足のカットは大事です。

 

似たような長さ、スタイルですが襟足のカットの仕方に違いがあります。

【丸い襟足ポイント】

・収まりが良い

・伸びても崩れにくいので持ちがいい襟足

・丸みがあるのでより柔らかな印象になります

・後頭部からのメリハリはしっかりつきにくい

【くびれた襟足ポイント】

・後頭部とのメリハリがしっかりつく

・絶壁がよりカバーしやすい

・キュッとした引き締まりがあるのでシャープさが出る

・段差がついてるので伸びると若干崩れやすい

正直どっちも可愛いしそれぞれの良さはあります♪

丸い襟足はそこまで絶壁が気にならない方のほうが向いているかな!!ボリュームメリハリのつき方が柔らかいので。また、伸ばし途中の方にもこちらをオススメしてます。

くびれた襟足は絶壁を特に気にされている方に効果的!!また、メリハリもついてシャープさも出るので少しカッコ良いシルエットにしたい方にオススメ。

骨格もですが髪質によっても出来る出来ないも変わってくるので、気になる方はご相談させて頂けると嬉しいです^ ^

こんな襟足のデザインの違いも参考にしてみてくださいね♪

 

ご予約について