直毛さんのはねても可愛いパーマ

直毛さんのはねても可愛いパーマ

こんばんは、表参道のショート好きの桐山弘一です♪

ショート好きでパーマ好きな桐山がご提案するパーマスタイル!!今回はショートではないのですがね^ ^僕が担当させて頂くお客様は大人の女性が多く、僕自身も髪質が変わってきたり30過ぎてから20代の時とは何か違うなっていうのはなんとなく感じています。その中で髪も細くなったり、デリケートになったり、白髪が生えたりと色々変化があります。そう感じた時に今のままではダメだなって。特に大人女性にはパーマってすごく必要なので、「髪質に合わせてもっと繊細にパーマをかけたいな」って思って昨年は半年かけてパーマ勉強してきました^ ^やっぱり、理論って大事だなって勉強してつくづく感じます!!昔は勉強って嫌いだったけど今学ぶって本当に楽しい♪学んでさらに磨きがかかった桐山のパーマは自信持ってお客様にご提案できます^ ^

「簡単」「傷みにくい」「老けない」「可愛い」

そんなパーマを目指して!!

直毛さんのはねても可愛いパーマ

直毛の方って基本「パーマがかかりにくい」って感じていらっしゃる方が多く、今まで美容師さんにもそう言われていたりして、少なからず「かかりすぎた・・・」っていう経験がある方はいらっしゃいます。「パーマがかかりにくいから薬剤強めで」かかりにくいからからと言ってこういう選択するのは危険で、何をもってパーマがかかりにくいのか?っていうことがすごく大事。「薬剤が浸透しにくくてかかりにくいのか」「身が詰まりすぎてかかりにくいのか」「かかっても取れやすいからかからないと感じるのか」とそれぞれかかりにくいでも理由は色々あります。この原因に対してどうアプローチしていくかでパーマのかかりって変わってくるんですね^ ^

直毛さんでも髪の太さによって中身の量は変わってくるのですが、今回は細めなので量は少なめなのとカラーもしているっていうことで、「薬剤が浸透しやすく中身も少なめ」なので直毛さんでも思ったよりかかりにくい髪質ではないのですね!!ただ、直毛さんなので真っ直ぐに戻ろうとする力が強いのでデジタルパーマの熱で形状記憶するのがポイント!!

そして仕上がりが↓↓↓↓↓↓↓↓

丁度肩に当たってハネてしまう長さなので、「はねても可愛い」ようにデザインしました。直毛さんでもそのまま肩に当たると寝癖っぽくはねてしまうので。ポイントは『ひし形シルエットを入れる』です。

 

顔周りのひし形シルエットは顔周りのバランスがとれるので、裾がはねてもバランスが崩れにくくなるのです!

パーマはスタイリング剤はマスト!!こちらも仕上げはプロダクトのシアバター系のスタイリング剤でやりました♪パーマは水分バランスが大事で、濡れている方がしっかり出て、乾くと緩くなるという特徴があるので、直毛さんですとさらに緩くなりやすいので毛先が少し湿り気があるうちにスタイリング剤をつけるのがポイントです^ ^

髪質に合わせたアプローチで、かかりにくいと思われる髪質でも必要最小限のパワーでかけることができます。お客様の中でも「興味あるけど不安だ」っていう方もいらっしゃるとは思いますので、相談だけでもしてみてくださいね^ ^お話を伺った上でかけない方がいい場合はオススメしないので!!ぜひご参考までに^ ^

 

ご予約について