心機一転バッサリショート✂︎

心機一転バッサリショート✂︎

こんばんは、表参道のショート好きの桐山弘一です♪

先日も昨年1年ショートから伸ばしていたお客様。

気がつけばもう鎖骨下まで伸びていた髪をバッサリショートにする決心をされました!ショートは前もしていたから抵抗はなかったのですが、さすがに久々となると少し緊張するようで、悩みとしては

・髪がしっかりしていて(直毛)で、髪が多く膨らんでしまわないか

・襟足に生えグセがあるので浮かないか

・短くした時に男っぽくなってしまわないか

ということ。カウンセリングでこのようなお話を伺えたのでこの悩みを解消できるショートヘアをご提案させていただきました^ ^

その直毛さんのお悩み解消ショートがこちら↓↓↓↓↓

かな〜りスッキリしましたね^ ^可愛い♪

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

バッサリカットの動画♪

動画見ていただいてわかるかと思いますが、ポイントは「レザーカット」

カットするときは通常ハサミを使うのですが、僕のお客様は使ったことある方はいらっしゃると思いますがレザーを使うこともあります。レザーにいい印象がない方のお話もたまに伺ったりするのですが、「バサバサする」「傷んだ感じがする」など気にされる方もいらっしゃるのですが、大事なのは道具は使い方です!!間違った使い方をすればハサミもレザーもどちらも傷んだりしますから。使い方です!!

直毛の方や髪が硬い方は、それだけでどうしても硬くしっかりした感じに見えてしまいやすく、ハサミはどちらかというと直線的に切れるので切り口の印象がパツッと出やすくなってしまい硬い印象が和らぎにくいので、直毛の方、髪が硬い方がショートにするときは「レザー」がオススメなんです!!レザーは切るというより削ぐという感じなので切り口が「柔らかく先細り」な感じにデザインできるので、硬い印象になりやすい髪質との相性はいい!!

髪質の硬い雰囲気、襟足の浮き。この2つを解消してくれるレザーでのカットは直毛の方、髪が硬い方にオススメなんです。襟足の首にフィットするデザインはレザーだから出せる質感ですね^ ^

男っぽくなりたくという悩みに対しては顔周りは、後頭部の丸みが女性らしさを作ってくれます。印象として「直線=カッコいい、男性的」など「曲線=柔らかい、女性的」になるので丸み曲線のあるショートのデザインは女性らしくなるのです!!最近だと男性でも曲線的なデザインのスタイル、「マッシュ」などのデザインが中性的に感じるのはこの直線曲線の印象の違いから。

直毛で男性的な印象になるのが心配していたお客様には「丸みのあるデザインをレザーで作る」ということでご提案させて頂きました^ ^

直毛、髪が硬くてショートに出来るか不安!!そんなお悩みの方はこんなスタイルの参考にして見てくださいね^ ^

 

ご予約について