前髪長めのショートヘアのスタイリング応用編

前髪長めのショートヘアのスタイリング応用編

こんばんは、表参道のショート好き桐山弘一です♪

今日は立冬!!暦上は今日から冬なんですってね!!「もう冬か〜」

ニットの季節になってきましたね^ ^


今回はショートヘアのスタイリングバリエーションの話!!

短いとあまりアレンジしたり、結んだりもできないからバリエーションはそこまで多くはないですが、ちょっとで印象ってガラリと変わるから参考にしてもらえたら嬉しいですね♪

前髪長めのショートヘアのスタイリング応用編

今回ご紹介する「前髪長めショートの無造作スタイリング」の仕上がりはこんなイメージ!!

ゆるいパーマをかけたようなニュアンススタイル♪一見難しそうに見えますが何回か練習すれば全然大丈夫^ ^必要なものは「ストレートアイロン」と「スタイリング剤(今回はオイル)」

まずは動画をぜひ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

①巻いていく部分は表面中心(半分から上)

②毛束を取り分けたら根元から「内、外、内」と波々になるように巻きます

③強く挟みすぎると跡がつきにくいので髪がアイロンから外れないくらいの強さで挟みます

④無造作ヘアなのでそこまでしっかり跡がつかなくても全然オッケー

⑤半分から下は毛先を挟むくらいでオッケー

⑥スタイリング剤は毛先に満遍なくつけましょう

とにかく「きっちりやりすぎない」髪の毛にニュアンスがついてスタイリング剤つけるだけで雰囲気出るので「ちょっとボサボサかな?」くらいで巻き上がりは大丈夫です。その分スタイリング剤をしっかりつければ髪にはツヤが出るので、控えめにつけるより「しっかりつける」を注意してやってみてください^ ^

《Q&A》

Q、ボサボサになっていたんで見えてしまう!!

A、ツヤのあるスタイリング剤をしっかり毛先につけましょう(シアバター系のスタイリング剤やオイルがオススメ)

Q、左右で同じようにできない!!

A、無造作ヘアはキッチリ左右同じじゃなくても大丈夫!!「耳掛け」すると気にならないし可愛くなります

Q、アイロンの温度は何度くらいがいいのか?

A、アイロンの温度は巻くのがスムーズにできるかどうかで変えるといいです!!高温で髪に長く触れていると傷みの原因になったり、変な癖が付いたりする原因になるので!!手際よく出来る方は180度でも問題ありません。スムーズにまだ出来ない方は120〜150度でやってみることをオススメします。

他にもわからないことや質問ありましたらぜひ聞いてくださいね^ ^

ショートヘアは長めの髪と違って結んだり、アレンジしたりが出来ないので「巻き」でバリエーションつけるのがオススメです!!ちょっとクセがつくだけでも印象は大きく変わります。良かったらこんなスタイリングも参考にしてもらえると嬉しいです。髪は急には伸びないので「ショートにしたけど何か変えたい」そんな時にきっと役立ちますよ♪

ご予約について