カットをするとクセが丁度良くなる!!

カットをするとクセが丁度良くなる!!

おはようございます、表参道のショート好き桐山弘一です♪

最近喉をやられ、ブサイクな声で接客してしまい申し訳ございませんm(__)m

皆さんも冷房には気をつけて、体調にはくれぐれも注意してくださいね!!今週からまた30度オーバーみたいですからね^^;

アツくなってきたといえば!!W杯も佳境に入ってきましたね^ ^27時からは流石にキツくてなかなか見れてないけど^^;

🇫🇷vs🇧🇪は楽しみだな^ ^


今回は伸びてくるとちょっとクセが気になってきてしまう方をカットさせていただいた時の提案とデザイン。

カットするとクセが丁度良くなる!!

始めにお伝えしておきますが、クセの種類&髪質にもよるので全てのクセにというわけではございません。

髪質データ

・猫っ毛

・クセの波状幅は広め(大きなうねり

・乾燥しやすい髪質

髪が伸びてくると大きなクセ(うねり)が出てきて毛先が跳ね始めます。夏場の湿気が高いときは特に収拾がつかないようなのです。

今回のご提案は、決して扱いにくすぎるクセではないので(どうちらかというといいクセ)クセが伸びて跳ねはじめた毛先をカットして

この跳ねてる毛先をカット✂︎この毛先の跳ねがなくなると収まりが丁度良くなる「表面のうねり」「襟足の跳ね」自然な丸み(クセ)はある方がいい!!丁度いいクセになるラインでカットするととても扱いやすくなるんです!!

大きなうねりがある髪を半分にカットした場合丁度いい半円になります。

デザイン的には「後頭部のボリューム」「襟足スッキリ」「可愛いよりかっこいい」を取り入れながら、リップラインの前下がりショートボブにカットしました。

仕上がりは

襟足は跳ねないくらいの長さで軽くしたことで収まり良くなって、後頭部のうねる毛先もカットしたことによって収まりも良くなるし、クセによる自然な丸みでボリュームも丁度良くなるんですね♪

クセはもちろん皆さま違います、悩みも皆さま違う。美容師からしたらいいクセなのに、お客様からしたら気になるクセだったりもします!!人によって感じ方はそれぞれなのですが、『いい素材は活かせる方がいい』一見悩みしかなさそうな「クセ」ですが、提案の仕方によってはそれが素敵なモノへと変わっていきます!!しっかりお客様の悩みに向き合い、髪に向き合いいいご提案が出来るように励んでいきたいですね!!

ご予約について