セルフアレンジ基本の『き』〜一本結び〜

セルフアレンジ基本の『き』〜一本結び〜

『再現性』・・・お客様が家に帰ってからもご自身で可愛くできること

サロンだけで可愛くなっても毎日が可愛くできなかったら意味がないですから、簡単に可愛く毎日再現出来るスタイル提案というのがモットーです。サロンで伝えきれなかったことや、聞いたけど忘れてしまったことを思い出してもらうために書き記していきたいと思います。

こんばんは、ショート好きのときどきアレンジマンの桐山弘一です!!

今回はアレンジの基本中の基本!もはやアレンジとは言わないかもですが^^;一本結びについて


基本の『き』一本結びをキレイに見せるコツ!!

髪をゴムで一本に結ぶ、できない方はいないでしょう。

ねっ!!一本結び、ゴムで結ぶそれだけ

でも、ちょっとポイント押さえるだけで↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

違いわかります??

ちょっとしたこと気をつけるだけでこんなにキレイになるですよ♪

気になる方は続きをぜひ♪


問題は『ほわほわ・・・』解消するにはワックスが必須

初めのスタイルはただ結んだだけなので髪が『ほわほわ』に見えるんです。

ほわほわポイント!!頭頂部に、顔まわり、襟足。生え際の短い髪がほわほわ落ちてるだけでなんか疲れて見えたりします。特に大人になってくれば来るほど髪が乾燥しやすくなって来るので注意が必要です!!

そこで『ワックス』

「ワックスは毛先につける」と美容師さんから言われたことある方も多いと思いますがアレンジの時は根元にもつけていくのがポイント

顔まわり

襟足

頭頂部

本来下ろす時はつけないほうがいい根元にガッチリつけていきます

それだけで結んだ時に

このツヤ♪

この時点で

ですからね^^

伝わりました?ワックスのチカラ(笑)


表面のほぐしでこなれ感♪引き出す量がポイント!!

ここまででも十分キレイになってますが、まだ普通です(笑)

ここからさらに今っぽいこなれ感を出すポイントが、表面の立体感です!!ご自身でやるとこの引き出す量が多くなりがち、『細く細く引き出す』のが大事。引き出すとつかんでいる量以上に出てきますから、イメージとしては『10本くらい』引き出す。

(写真10本じゃねーだろ!!というクレームはやめてくだしいね^^;笑)

イメージね!!それぐらい少なくていいってこと!!

バランスよく5〜10箇所引き出せば

完成!!

キレイになりましたよね♪


まとめ

ワックスは必須!!髪全体に根元から馴染ませることでほわほわを抑えられてキレイに見える

こなれ感を出すのに表面を引き出す時は細め細めに引き出します

ただ結ぶ、そんな時でもキレイにいれたほうが絶対にいい!!ちょっとしたポイント押さえるだけで印象が全然変わるので参考にしてくださいね♪